電気圧力鍋のメリットとデメリット

電気圧力鍋のメリットとデメリットについて

圧力鍋という調理器具

圧力鍋は、鍋の中の圧力を大気より澪高くすることで沸点を上げることができます。 そのため、加熱時間を短縮することが最大のメリットです。 最近人気の集まっている電気圧力鍋ももちろん同様ですが、従来のガスを使うタイプなどとは異なるメリットがあります。

電気圧力鍋のデメリット

圧力鍋は、鍋を密閉して圧力をかける仕組みになっています。 そのため、普通の鍋で調理している時と異なり、調理が終了するまでは鍋の蓋を開けて中を確認することができません。 また、加圧して調理している時間は短いですが、減圧するのにも時間がかかるということも理解しておきましょう。

電気圧力鍋を選ぶポイント

いろいろなメーカーから、様々な製品が発売されています。 価格も、調理器具としては高額となりますから、失敗しない製品を選びたいものです。 様々な機能を搭載している電気圧力鍋ですので、自分の料理スタイルや家族構成、いつも調理しているキッチンの環境などを考慮して選ぶ必要があります。

電気圧力鍋を使うメリット

圧力鍋とは、鍋の中の空気や液体が逃げないように密封し、加熱することで、鍋内の圧力を大気圧以上に加圧し、液体の沸点を高める機能を持つ調理器具の事です。
通常の加熱調理に比べて、短時間で調理できるのが特徴です。
ガスや電気コンロにかけて加熱するタイプの物が一般的でしたが、コンセントから電気を供給するタイプの電気圧力鍋も多く発売されています。
従来型の圧力鍋は、車にたとえるとマニュアル車の様な器具で、加圧し、調理完了まで、火の調整や終了後に減圧を行ったりと、一通り使い方を理解しておかないと、事故につながることもあります。
逆を言うと、加圧時間などを自分で調節することもできるので、食材の柔らかさを自分好みに仕上げられる、というメリットにもなります。
一方、電気圧力鍋は、自働で温度や圧力の管理をするタイプが一般的で、車にたとえるとAT車の様な調理器具です。
製品自体に多くのレシピが登録されているので、メニューを選んでスイッチを押しておくだけで、完成後の減圧まで自働で行ってくれるのが特徴です。
火力調節などが不要なので、セットしておけば目を離しておけるため、「ほったらかし家電」と呼ばれることもあります。
お仕事から帰ってから準備しても、まるで長時間煮込んだようなトロトロのビーフシチューを作れたりするわけです。
電源と置く場所が確保できていれば初心者でも手軽に扱え、時短調理や料理のバリエーションを増やすことができるので、人気が高まっています。
家電としての位置づけのため、従来の圧力鍋に比べると高額になる傾向があります。

TOPへ戻る